べっぴんオヤジ

クルマ関連のことを発信しています。

【新型】次期 メルセデス・ベンツEクラス モデルチェンジ情報 2021

スポンサーリンク

f:id:beppinoyaji:20200303212000p:plain

中止されたジュネーブモーターショーでデビューする予定だったメルセデス・ベンツEクラスがオンラインで公開されました。

公開されたEクラスは外観が新しくなっただけでなく最新の技術や、より近代的な安全装備などが追加されました。

2021年のEクラスに加わるのは、E350eプラグインハイブリッドモデルと、リフレッシュされたE53AMGパフォーマンスモデル、そしてワゴンです。

 

エクステリア

f:id:beppinoyaji:20200303212000p:plain

f:id:beppinoyaji:20200303212056p:plain

f:id:beppinoyaji:20200303212117p:plain

f:id:beppinoyaji:20200303212130p:plain

最も大きな変化は、新しいフロントフェイスです。セダンのヘッドライトは、よりスリムなフルLED(すべてのモデルに標準装備)で、下向きに傾斜する新しいグリルを備えています。E53モデルは、パナメリカーナグリルを備えています。リアも新しく、独特の形状と小型のAクラスおよびCLAセダンと共通する最新のテールランプを備えています。グラファイトグレー、モハーベシルバー、シーラスシルバーの3つの新しいカラーを選択できるようになりました。

 

インテリア

f:id:beppinoyaji:20200303212211p:plain

ドアを開けると、12.3インチの中央タッチスクリーンと対応する12.3インチのデジタルインストルメントクラスターを備えた新しいMBUXインフォテイメントディスプレイが装備されます。また、センターコンソールには新しいタッチパッド(他の新しいメルセデスベンツ製品と同じもの)があり、すべてのモデルに新しい室内装飾オプションがあります。

メルセデスベンツの最新のアクティブ安全装置も採用されています。ハンズオフ検出機能を備えた新しいステアリングホイール、ストップアンドゴー機能を備えたアダプティブクルーズコントロール、アクティブステアリングアシスト、自動緊急ブレーキ、アクティブブラインドスポットアシストと、新たにサイドビューモニターを備えた360度カメラを装備します。

 

パワートレイン

f:id:beppinoyaji:20200303212248p:plain

E450モデルは、EQ Boostを搭載したメルセデス・ベンツ最新のターボチャージャー3.0L直列6気筒エンジンに変わり、従来のV型6気筒ツインターボはラインナップから外れました。

f:id:beppinoyaji:20200303212234p:plain

メルセデスAMG

メルセデスAMG E53 4MATIC+は、空力性能の良い5ツインスポークデザインの19インチアルミホイールを初採用。ターボチャージャーと電動スーパーチャージャーを組み合わせた3.0L直列6気筒エンジンは最高出力441馬力(320 kW)、最大トルク520 Nmを発揮します。EQ Boostは、22馬力(16 kW)、250 Nmを発揮し、48V電気システムにも供給を行ないます。

ベースのE350後輪駆動およびE350 4Maticモデルは、255馬力(190 kW)および370 Nmに適したターボ過給の直列4気筒エンジンを使用しています。

そして、初めてメルセデス・ベンツEクラスにプラグインハイブリッドモデルが追加されました。E350eと呼ばれる電動Eクラスは、2.0L直列4気筒エンジンと122馬力(90 kW)の電気モーターを組み合わせます。パワートレインの総出力は、合計で319馬力(234 kW)および700 Nmのトルクです。電動モーター単体では122馬力(90 kW)および440 Nmです。

E53AMGの0-100km/h加速はセダンが4.5秒、ステーションワゴンが4.6秒です。