べっぴんオヤジ

クルマ関連のことを発信しています。

【新型】日産 エクストレイルがデザイン特許出願

スポンサーリンク

f:id:beppinoyaji:20200405110916p:plain

2020年後半に発表される予定の次世代日産エクストレイルは、ブラジルでデザインの特許が出願されました。

画像は詳細に欠けていますが、日産がモデル全体のデザインを統一しようとしているため、最近発表されたジュークから強いスタイリングの影響を受けることは明らかです。

主な変更点はフロントにあり、日産は現在の車の丸みを帯びたノーズを四角にしています。

f:id:beppinoyaji:20200405110946p:plain

後部の変化は少なく見えます。現在のエクストレイルのブートリッドを穏やかに再構成したバージョン、形状を変更したスポイラー、新しい「ダブルバブル」ルーフデザインがありますが、全体的なシルエットは非常によく似ています。

f:id:beppinoyaji:20200405111017p:plain

f:id:beppinoyaji:20200405111034p:plain

f:id:beppinoyaji:20200405111049p:plain

エクストレイルの新しい米国市場向けバージョンである日産 ローグのプロトタイプは、昨年後半にテスト車両が発見され、より目立つグリルと大きなホイールアーチを備えた第4世代のエクストレイルのデザインをほのめかしました。

f:id:beppinoyaji:20200405111131p:plain

内部では、新しいローグは現行モデルよりも多くのテクノロジーを備えています。初めてデジタル化されています。その他の追加機能には、更新されたインフォテインメントシステム、Sat-nav機能を備えた大型タッチスクリーンディスプレイ、および黒とクロムのセットインギアスティックが含まれます。これらは、新しいエクストレイルにも引き継がれる予定です。

エクストレイルはガソリンとディーゼルの両方のパワートレインを維持し、ハイブリッドを提供する可能性があります。日産は厳しいCO2規制に沿って2022年までに年間100万台の電動車両を販売するという目標に向かっています。ハイブリッドローグはすでに米国で購入可能です。

大型SUVはもともと日産のサンダーランド工場で製造される予定でしたが、2019年に日産はディーゼル販売の低迷とイギリスのEU離脱を2つの重要な要因として計画をキャンセルしました。

 

参考記事