べっぴんオヤジ

クルマ関連のことを発信しています。

【新型】次期メルセデスAMG GT73 プラグインハイブリッド搭載 2021

スポンサーリンク

スウェーデンで次期メルセデスAMG GT73 4ドアクーペがスパイショットされ、リアバンパーに充電ポートがあることが明らかになりました。

現行モデルのGT63のV型8気筒エンジンを強化するプラグインパワートレインにより、次期GTは800馬力以上を発揮します。名称はメルセデスAMG GT73と予測されます。

f:id:beppinoyaji:20200317125843j:plain

寒冷気候で冬のテストを受けながら、生産に適したボディパーツを身に着けている次期メルセデスAMG GT73は、組み立てラインで生産する準備ができているように見えます。

フロントバンパーとサイドスカートはGT63Sに近い形状に見え、リアバンパーは充電ポートを除いて同一です。

次期メルセデスAMG GT73は今年のどこかでデビューし、発売は2021年初頭に開始される予定です。

 

GT73の名前の73はV型12気筒7.3Lエンジンを搭載したメルセデス・ベンツSL73AMGとパガーニゾンダが有名です。

しかし、現在は英数字の名前があまり意味をなさないので、AMG GT73は代わりに、GT63およびGT63Sと同じV型8気筒4Lツインターボを搭載します。

GT63SのV8は、640馬力および900 Nmの驚異的な出力を発揮し、GT63S 4ドアが約3秒で60マイル(約97km/h)に到達することを可能にします。

理論上の次期GT73では、そのV型8気筒4Lツインターボエンジンにプラグインハイブリッドのモーター出力により少なくとも100馬力追加されます。

f:id:beppinoyaji:20200317125910j:plain

800 hpのパワーで、次期GT73 4ドアクーペは2.5秒で60マイル(約97km/h)に到達し、AMG Performanceの四輪駆動によりタイヤの駆動力を地面に伝えます。

9速マルチクラッチトランスミッションはパワートレインをバックアップする可能性が高く、ギアボックスに電動モーターを組み込んでパフォーマンスを向上させ、よりスムーズな操作を可能にします。

また、完全に充電されたとき、約15マイル(約24km/h)まで電気のみで運転できることが予測されます。

 

ポルシェパナメーラターボS Eハイブリッドは、次期GT73のライバルです。両車とも4ドアハッチバックで同様のパフォーマンスを提供します。

パナメーラは、約3.2秒で時速60マイル(約97km/h)に到達し、約14マイル(約23km/h)まで電気のみで運転可能です。

 

参考記事