べっぴんオヤジ

クルマ関連のことを発信しています。

【新型】次期ロールスロイス ゴースト 標準&ロングホイールベース スパイショット

スポンサーリンク

f:id:beppinoyaji:20200331140610j:plain

新しいロールスロイス ゴーストは現在、デビューを目指して準備中です。

冬の条件でのテストのプロトタイプをいくつか見てきましたが、今回のテスト車両はBMWミュンヘン本社に戻っているようです。

彼らがドイツへの最終評価に戻る前に、私たちは通常のゴーストとロングホイールベースモデルの両方のプロトタイプをスパイすることに成功しました。

 

独自に開発したプラットフォームに切り替え、新しいゴーストは多くのコンポーネントを新しいファントムおよびカリナンと共有します。アルミニウムが多く使われています。

f:id:beppinoyaji:20200331140631j:plain

全体的に、現行モデルと非常によく似ていますが、新しいゴーストは、主に新しい形状のヘッドライトとテールライトのおかげで、ややスポーティーな外観になります。

スパイされたプロトタイプはプロダクションライトユニットを着用していますが、カモフラージュテープが原因で正確なデザインと内部グラフィックを見ることができません。

 

ロングホイールベースモデルに関しては、ロールスロイスはそれをExtended Wheelbaseを略してEWBと呼んでいます。

ゴーストEWBは、通常のゴーストより約6.7インチ(17cm)長くなり、後部座席の乗客のスペースが広くなります。

 

寸法に関係なく、新しいゴーストはおそらくロールスロイスV型12気筒6.75Lツインターボエンジンを搭載しており、570馬力(425kw)と664lb・ft(900 N・m)のトルクを発揮します。パワートレインは、ZF製の8速ATと連動しており、4輪すべてに動力を伝達する(四輪駆動)ことが期待されています。

f:id:beppinoyaji:20200331140659j:plain

ロールスロイスは、オプションの後輪ステアリング、48ボルトのアクティブアンチロールシステムなど、多くの技術革新にも取り組んでいます。

新しいゴーストのプラグインハイブリッドとオールエレクトリックバリアントも視野に入れることができます。

 

参考記事