べっぴんオヤジ

クルマ関連のことを発信しています。

【新型】アウディ RS7スポーツバック モデルチェンジ 2021年モデル

スポンサーリンク

f:id:beppinoyaji:20200305205756p:plain

2021年モデルのアウディRS7スポーツバックは、クワトロスポーツディファレンシャルが標準装備されており、ダイナミックな全輪ステアリングと、アウディのRSアダプティブエアサスペンションが装備されています。

 

f:id:beppinoyaji:20200305205823p:plain

RS専用の立体的なハニカム構造のシングルフレームグリルは、グロスブラックになっており、アグレッシブなスタイルを強調する大型フロントエアインレットとグロスブラックのフィンが特徴的です。

大きく張り出したホイールアーチもRS専用デザインで、全幅は1950mmとなり、A7スポーツバックに対して、約40mm拡幅されています。

速度が100km/hを超えると、リアスポイラーが自動で展開します。

LEDヘッドライトが標準装備され、オプションの「RSマトリクス」LEDレーザーヘッドライトを装備すると、ライトベゼルがダーク仕様となり、LEDテールライトにはダイナミックターンシグナルが装備されます。

 21インチの大径タイヤとホイールを標準装備し、タイヤサイズは275/35R21です。オプションの「RSセラミックブレーキシステム」を装備すれば、約34kg軽量化され、最高速度は305km/hまで上がります。

エアサスペンションにより、状況に応じて任意に車高を変更でき、時速120km/hを超えると約1cmダウンされます。

 

V型8気筒ツインターボユニットは590 lb-ft(800 Nm)のトルクで591 HP(600 PS)を生成するため、同クラスの中で性能は最高クラスです。

これは、S7バリアントよりも147 lb-ft(200 Nm)出力が高く、わずか3.5秒で静止状態から60 mph(96 km / h)まで加速します。

 

f:id:beppinoyaji:20200305205856p:plain

スペック

アウディRS7スポーツバック4.0TFSIクワトロ

全長×全幅×全高:5009mm×1950mm×1424mm

ホイールベース:2930mm

車両重量:2065kg

トランスミッション:8速AT

エンジン: V型8気筒ツインターボ

排気量:3996cc

最高出力:600ps/6000-6250rpm

最大トルク:800Nm/2050-4500rpm

駆動方式:4WD