べっぴんオヤジ

クルマ関連のことを発信しています。

【新型】次期 ホンダ シビックタイプR ハイブリッド&4WD化か フルモデルチェンジ 2021年発表 2022年発売

f:id:beppinoyaji:20200529174948p:plain

ホンダ シビックタイプRは新世代向けにハイブリッドが設定され、2021年に発表される可能性があります。

 

次世代のホンダ シビックタイプRの最初のプロトタイプは、予想される2022年のデビューに先立ってドイツのニュルブルクリンク近くの道路でテストされました。

f:id:beppinoyaji:20200529175147p:plain

これらのショットはカモフラージュされているが、外観は現行モデルと根本的に異なる部分はありません。低くワイドなスタンス、セダンスタイルのトランクと大きなリアウィングを備えた全体的なボディシェイプは同じです。

よく見ると、スポイラーの特徴が新しく盛り上がったマウントになっていることがわかります。一方、トランクの小さいリップスポイラーは、リアウィンドウを切り取るようには見えません。フロントとリアのライトも異なりますが、このプロトタイプは中央に取り付けられた排気口を備えていません。さらに目に見える変更には、下部ショルダーライン、ボンネットライン、ヘッドライトなどがあります。

f:id:beppinoyaji:20200529175112p:plain

この初期のプロトタイプから結論を出すことは困難ですが、内装は、ダッシュボードに取り付けられたタッチスクリーンとともに、新たなステアリングホイールダッシュボードのデザインを示しています。

 

次期シビックタイプRはホンダの電動化計画の一環としてハイブリッドパワートレインが与えられます。これは、2025年までにすべてのブランドのヨーロッパでの販売を電動化することを目的として、昨年からこの動きは加速しました。

 

V型6気筒3.5Lツインターボと3つの電気モーターを組み合わせるNSXのコンセプトにリンクされたパワートレイン(シビックタイプRは2Lバージョン?)を使用することも提案されています。それが四輪駆動を意味するかどうかは不明ですが、シビックがこのようにハイブリッドになる可能性があります。

エンジニアが以前に現在の車が前輪だけで伝えられる力に関して限界に近いとほのめかしたので、このような開発は、シビックにより高いパフォーマンスの可能性を与えます。

f:id:beppinoyaji:20200529175238p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175302p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175335p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175409p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175434p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175509p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175533p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175557p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175620p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175642p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175658p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175718p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175748p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175806p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175827p:plain

f:id:beppinoyaji:20200529175858p:plain

参考記事

 

【新型】トヨタ ハリアー グレード 価格 2020年6月17日 発売

トヨタ 新型ハリアーのグレード・価格

 

f:id:beppinoyaji:20200413213930j:plain

2.0Lガソリングレード

 

・Z Leather Package

(FF)4,230,000円 (4WD)4,430,000円

 

・Z

(FF)3,930,000円 (4WD)4,130,000円

 

・G Leather Package

(FF)3,710,000円 (4WD)3,910,000円

 

・G

(FF)3,410,000円 (4WD)3,610,000円

 

・S

(FF)2,990,000円 (4WD)3,190,000円

 

2.5Lハイブリッドグレード

 

・Z Leather Package

(FF)4,820,000円 (E-Four)5,040,000円

 

・Z

(FF)4,520,000円 (E-Four)4,740,000円

 

・G Leather Package

(FF)4,300,000円 (E-Four)4,520,000円

 

・G

(FF)4,000,000円 (E-Four)4,220,000円

 

・S

(FF)3,580,000円 (E-Four)3,800,000円

【新型】BMW M5 マイナーチェンジ(一部改良)情報 2021

f:id:beppinoyaji:20200514163014p:plain

第6世代のBMW M5は、フルモデルチェンジされてから3年後にマイナーチェンジされます。最近リークされた画像では通常の5シリーズモデルと同様に改良されています。

 

今週、ニュルブルクリンクを走るスパイショットでは、2021 BMW M5プロトタイプの両端には、視覚的な変化を隠すサイケデリックなビニールステッカーが貼られています。しかし、去年見た偽装していないM5 CSプロトタイプの両方に見られるリアブーツスポイラーとカーボンファイバーのルーフトップが無くなっていることが分かります。

f:id:beppinoyaji:20200514164027p:plain

通常の5シリーズで見たように、設計部門で劇的な変化を期待しないでください。

まず第一に、M5は特大グリルを備えていません、それは常に良いことです。実際の変化については、新しい角度の付いたグリルベーンと、異なる特徴を持つ新しいヘッドライトと、形状が変更された大きな空気取り入れ口を備えたバンパーが使用されていることがわかります。

f:id:beppinoyaji:20200514163717p:plain

フードのパワードームは引き継がれ、トランクリッドは引き続き通常のM5の薄いスポイラーを備えています。ディフューザーは新型のように見え、二重排気パイプの両側のカットアウトを保持しています。新しいバンパーと、よりモダンなパターンの新しいテールライトが期待できます。

f:id:beppinoyaji:20200514163957p:plain

BMWはアップデートを新しいトリムとカラー、さらに新しいテクノロジーのギアと改良されたインフォメーションシステムに限定したと考えられているため、内部にも大きなものはありません。

 

エンジンはV型8気筒4.4Lツインターボはメインになるでしょうが、それが電力や燃料経済、排出ガスなどの変更するかどうかはまだわかりません。V8は、現在のM5で592 HP(600 PS / 441 kW)および553 lb-ft(750 Nm)のトルクを生み出し、わずか3.4秒で62 mph(100 km / h)まで加速することができます。M5コンペティションでは、0〜62 mph(0〜100 km / h)の3.3秒で617 HP(625 PS / 450 kW)を出します。

 

モデルチェンジされた2021年モデル新型BMW M5は今年後半に発表され、その直後に販売開始予定です。

 

参考記事

【新型】メルセデスベンツ Sクラス リーク画像 フルモデルチェンジ 2021

第7世代(新型)メルセデスベンツSクラスは今年発表される予定です。

f:id:beppinoyaji:20200513185840p:plain

f:id:beppinoyaji:20200513185858p:plain

 

スペイン語のWebサイトCochespiasによってInstagramに投稿されたリーク画像は、前端に変装の小さなストリップがあり、後部と内部は完全に偽装されておらず、シートには保護ラッピングが残されています。

 

これらは鮮明なショットではありませんが、第7世代のSクラスは今日の車と同様に曲線的な外観で、外観の再設計に革新的なアプローチを取っていることがわかります。テールライトは、最新の CLSからヒントを得ています。

f:id:beppinoyaji:20200513185917p:plain

インテリアはテクノロジーに重点を置いて、より根本的な一歩を踏み出しました。ミニマリストダッシュボードは、テスラスタイルのポートレートディスプレイで占められており、 メルセデスが以前のモデルで提供していたどの画面よりもはるかに大きく、自立型のデジタル計器ディスプレイとペアになっています。

下半分は温度調節機能に特化しており、その下にタッチ式のショートカットボタンがあります。

f:id:beppinoyaji:20200513185735p:plain

f:id:beppinoyaji:20200513190031p:plain

ブランドのトレードマークであるデジタルダイヤルも表示される一方で、同社のすでに新しいMBUXユーザーインターフェイスがさらに更新されて機能と使いやすさが向上する可能性があります。

 

第7世代のSクラスは、ブランドの技術的ノウハウの最前線での地位を取り戻す準備ができており、さまざまな新しい電化パワートレインと高度なドライバーアシスト機能を備えています。7シリーズやアウディA8などのライバルを超えて目標を引き上げることを目標に、快適性とテクノロジーレベルが向上します。

f:id:beppinoyaji:20200513191714p:plain

f:id:beppinoyaji:20200513191747p:plain

新しいメルセデスベンツのフラッグシップは来年英国のショールームに予定されており、2つの異なるモデルをサポートするために開発されました。標準バージョンはさまざまなプラグインハイブリッドパワートレインを搭載できるように設計されています。

メルセデスベンツは、空力的に最適化された純粋な電気バージョンも導入する予定です。これは、内部関係者によると、新しいEQ電気自動車サブフラッグシップモデルとして機能します。

 

新しいモデルは、EQSにバッジが付いているため、2022年に発売される最新のWLTPテストサイクルで310マイルを超える要求距離を提供します。Sクラスのプラグインハイブリッドバージョンは、パートタイムのゼロエミッション機能を備えています。最長62マイルの距離と、フロントとリアのアクスル間のドライブの配分が可変型の、新しく開発された4Matic4輪駆動システムのオプションがあります。

 

EQSはメルセデスの90億ポンド規模のプログラムの一部を形成し、今後6年間で10を超える専用電気自動車を英国市場に導入します。 

 

さらなる変更では、メルセデスベンツは、2つの異なるホイールベースを備えた内部コードネームW223に準拠する標準Sクラスを提供するという長い伝統を廃止することを決定したと考えられています。この段階では正式なものはありませんが、Eクラスが4920mmにサイズアップしたことは、ロングホイールベースの新しいSクラスのみを生産するという決定の背後にあると理解されています。 

f:id:beppinoyaji:20200513191647p:plain

ただし、標準のSクラスはMRAプラットフォームですが、より技術的に高度な4輪駆動EQSは、新しいModular Electric Architecture(MEA)プラットフォームに基づく最初のメルセデスベンツモデルになります。より小さなEQモデルを支えるために開発されている構造とは異なり、それは既存のプラットフォームに基づいていませんが、バッテリーを格納するための平らな床を備えた専用のEVアーキテクチャとして開発されました。

 

新型Sクラスのハイブリッドバージョンに動力を供給するように設定されたパワートレインは、メルセデスの最新の3.0リットルおよび2.9リットルの直列6気筒ガソリンエンジンディーゼルエンジン、およびAMGが開発した4.0リットルV8に基づいており、これらすべてが動作します。自動ギアボックス内に収納されたディスク型電気モーターとトランクフロアにあるリチウムイオンバッテリーとの組み合わせです。

 

電気EQSは、2つの電気モーター(1つはフロントアクスルに作用し、もう1つはリアアクスルに作用する)を搭載できるように設定されています。EQCでは、このセットアップは400bhpと約516lb ft以上を提供しますが、EQSの開発に携わるエンジニアは、より高いレベルのパワーとトルクを提供し、計画されたAMGパフォーマンスモデルが600bhpを超えると予測されています。

f:id:beppinoyaji:20200513191618p:plain

プラットフォームは異なりますが、標準のSクラスとEQSは同じアクティブサスペンションシステムを共有するように設定されています。既存のSクラスのAirMatic +システムの開発で、48Vの電気アーキテクチャとステレオカメラを組み合わせて機能し、前方の道路をスキャンして各ホイールのスプリングとダンパーの動作を調整し、コーナーでの体の傾きに対応するだけでなくピッチをより良くコントロールするためにも。

 

新しいSクラスは、メルセデスベンツのデザインスタジオの情報筋がまったく新しい世代のモデルに影響を与えると言う系統によって、新境地を開くと主張されています。最近のプロトタイプのスパイショットは、特徴的なトライバンドLEDマルチビームヘッドライト、クラシックなメルセデスベンツグリルの新しいデザイン、空力特性を改善するために車体に後退するドアハンドルを備えたデザインをしています。

 

EQSは独自の異なるスタイルを採用することが理解されています。EQSは、電気自動車に固有のパッケージングの利点を反映して、CLSと同様に、新しいバージョンのSクラスの標準バージョンよりも短いボンネットと大きなレーキウインドスクリーン採用します。

f:id:beppinoyaji:20200513191824p:plain

 

参考記事

【トヨタ V8 量産終了】今後3年間で現在のV8エンジンの量産を終了する可能性

f:id:beppinoyaji:20200425012758p:plain

V6ツインターボを採用すると噂されている次期モデルの数が多いことから、トヨタのV8エンジンの終了は近いようです。

 

トヨタ関係者によれば、トヨタは今後3年間でV8エンジンの量産を段階的に廃止する予定です。この取り組みの一環として、アラバマ州ハンツビルにある同社の工場は、現在のタンドラとセコイア向けに30,000基のV8エンジンを構築するためのコンポーネントのコレクションを集めると伝えられています。

 

これらすべてのコンポーネントが作成されたら、会社はV8エンジンをV6エンジン用の新しい機械に交換し始めます。その後、プラントは最後のV8を組み立ててから、完全に変換されて新しいターボチャージャー付きV6を構築します。

 

日本の田原工場でもV8エンジンを生産しているが、今後2、3年で量産を停止するとしている。その後、この施設はターボチャージャー付きのV6を製造するようになりますが、V8エンジンの限られた生産を維持することができます。

 

トヨタは将来の製品計画についてコメントすることを拒否しましたが、多くの今後のモデルはV8エンジンを避けると予想されます。これらには、次世代のタンドラとセコイアが含まれます。

 

ただし、トヨタはV8を完全に廃止することはありません。レクサスは昨年12月、LCレースカー用の新しいV8ツインターボを確認し、エンジンも「スポーツカーなどの将来のロードカーでの使用が予定されている」と述べた。そのエンジンは、来たるLC Fに動力を供給することが期待されており、次世代のLXやLS Fにも搭載される可能性があります。

 

公式の発表はありませんが、燃費と排出基準の増加により、自動車メーカーはより環境にやさしいものになり、V8はかつてほど一般的ではなくなります。

 

参考記事

【新型】フォードマスタング AWDハイブリッド化 2022年発売

f:id:beppinoyaji:20200425005200p:plain

デトロイトで最もアグレッシブなスタイルのマッスルカーは、バーンアウトとパワースライド、このジャンルの特徴的なパワートレインレイアウトの大きなアシストなしのV型8気筒エンジンと後輪駆動のイメージを常に呼び起こしています。

新しいレポートが信じられることになるならば、フォードの次のマスタングはこれらの両方のマッスルカーの特徴から遠ざかっているかもしれません。

 

Autocarによると、フォードは2022年にまったく新しいマスタングを導入する準備をしており、モデルの最初のハイブリッド全輪駆動パワートレインを持っている。

同社が2017年に「ハイブリッド車用のツインモータードライブシステム」として特許を取得したことを指摘しています。

詳細は、V型8気筒エンジンと、エンジンの反対側に直接取り付けられた2つの電気モーターをリアアクスルに搭載していることです。 モーターそれぞれが前輪に動力を供給しています。このセットアップは、アキュラ(ホンダ)NSXスタイルのトルクベクタリングの可能性を広げ、フォードとスポーティーな輸入ライバル車のハンドリングギャップを無くします。

 

マッスルカーがエンジンのみで走行することを好む純粋主義者にとっては、ハイブリッドV型8気筒が7世代の 'Stang(コードネームS650)が2、3年で買い替えるとき、唯一のパワートレインの選択になるとは思えません。

ハイブリッドマスタングを通常の非電動化V型8気筒とエントリーレベルのEcoBoost 4気筒と一緒に利用できるようにすることは、私たちが考える限り、大きな可能性です。

f:id:beppinoyaji:20200425005228p:plain

特に、マッハEではない電動化マスタングについて聞いたのはこれが初めてではありません。以前のレポートによると、ハイブリッドマスタングはハイブリッドF-150ピックアップと一緒に今年までに実際に発売する予定でしたが、それらの計画は、前述のマッハE電気クロスオーバーを支持した当時の新しいCEOジムハケットによって押し戻されたようです。

フォードは「V型8気筒のパワーとさらにもっとローエンドのトルク」を実現するハイブリッドムスタングを約束した。部分的な電動化に加えて、フォードの将来のマスタングは、新しいエクスプローラー、つまりハイブリッド車でも利用可能な SUVとプラットフォームを共有すると言われています。

 

Autocarレポートは具体的な情報源を引用しておらず、電動マッスルカーが来るものであると「理解している」という主張以外の引用を含んでいないことを指摘する必要があります。

また、今日の新型コロナウイルスの影響により2022年の計画が2023年以降に投入されるかは、誰にもはっきりとはわかりません。

 

参考記事

【新型】次期レクサスNXにV6 3.5Lエンジン搭載か

トヨタは複数の市場でNX250とNX350の両方を商標登録しています。

レクサスNXは2021年にフルモデルチェンジが予定されています。

f:id:beppinoyaji:20200417220636j:plain

レクサスの親会社であるトヨタは、オーストラリア、ニュージーランド、米国などで「NX250」および「NX350」の商標を登録しました。それらの数字はNXの新しいパワートレインを示します。

 

次期レクサスNXが最新のトヨタRAV4ハリアーと同じTNGA-Kプラットフォームを採用することを考えると、NXも直列4気筒2.5Lエンジンを共有する可能性があります。

2.5Lエンジンのグレードが「NX250」を名乗ることは容易に想像できます。

 

レクサスの数値モデルの命名方式は、必ずしもエンジンの排気量と相関しているわけではありませんが(LS500はV型6気筒3.5Lツインターボ)相関するものもあります。

次期NXが現在の235馬力を発揮する直列4気筒2Lターボを廃止する可能性があります。

 

また、「NX350」の「350」は、次期NXのV6パワートレインを指している可能性があります。

RAV4は4気筒のみのモデルですが、そのプラットフォームは、アバロン、カムリ、およびハイランダーも共通です。このプラットフォームにはV型6気筒3.5Lエンジンを搭載することが可能です

 

トヨタは米国でのみ「NX350」の商標登録しており、4気筒の「NX250」が米国に進出しない可能性があります。

 

参考記事

【新型】トヨタ ハリアー 発表 フルモデルチェンジ 2020年6月デビュー

NEW HARRIERPLAY ALL 2020.6 デビュー!

 

 

DESIGN

f:id:beppinoyaji:20200413213930j:plain

新型ハリアー。 その流麗なフォルム。 他のSUVと一線を画すフォルムは、 流麗でスタイリッシュ。 ひと目で高級感と個性を印象づけるデザインです。 スポーツカーを思わせる、 メリハリのある造形。 エレガントさと逞しさが融合した、 シンプルな美しさ。 ハリアーらしい躍動感のある、 印象的なボディ。

 

DETAILS

f:id:beppinoyaji:20200413214027j:plain

プロジェクター式LEDヘッドランプ プロジェクター式LEDヘッドランプ 切れ長のデザインで、精悍な目元とワイド感を強調するヘッドランプ。 【Z“Leather Package”、Z、G“Leather Package”、Gに標準装備】

f:id:beppinoyaji:20200413214148j:plain

リヤコンビネーションランプ&LEDハイマウントストップランプ(ロングタイプ) 薄さ・シャープさにこだわったコンビネーションランプ。 存在感あるロングタイプのLEDハイマウントストップランプも採用。 【LEDハイマウントストップランプ(ロングタイプ)はZ“Leather Package”、Zに標準装備】

f:id:beppinoyaji:20200413214220j:plain

タイヤ&ホイール タイヤ&ホイール エレガントな「多軸スポーク構成」とした225/55R19タイヤ&19インチアルミホイール(高輝度シルバー塗装)。 【Z“Leather Package”、Zに標準装備】

 

BODY COLOR

プレシャスブラックパール<219> 黒真珠のような上品で滑らかな質感と、明暗の力強いコントラストを両立したブラック。小さなすり傷を自己修復するセルフリストアリングコートを採用し、新車時の光沢とカラーを長期にわたり保持。 ※メーカーオプション

スレートグレーメタリック<1K9> 面の変化や見る角度によって緑色や青に発色する、国内初設定の上質なグレー。

ホワイトパールクリスタルシャイン<070> 真珠のような輝きで、質感の高さを表現するホワイトパール ※メーカーオプション

ブラック<202> フォーマルなシーンを演出する、深みのあるブラック

センシュアルレッドマイカ<3T3> 華やかな色合いで上質さを感じさせる深みのあるプレミアムレッド ※メーカーオプション

ティールブロンドメタリック<4X1> エレガントな面の表情を感じさせるブロンドメタリック

ダークブルーマイカ<8X8> 都会的なスタイルを演出する質の高いダークブルー

 

INTERIOR

f:id:beppinoyaji:20200413214520j:plain

さらに洗練された 上質な室内へ 乗る方を包み込むような安心感ある空間づくり。 すみずみまで“大人のさりげないセンス”があふれています。 “大人のセンス”あふれる 上質な室内空間。 洗練されたあしらいが、 大人の落ち着きを醸し出す。 シンプルの中に光る、 “さりげないセンス”。

 

DETAILS

f:id:beppinoyaji:20200413214627j:plain

パターンコーディネーション パターンコーディネーション カップホルダーの底面、フロントドアトリムスピーカーなど各所に共通のモチーフとしてバイアスボーダー柄を採用し、トータルコーディネートしました。 【Z“Leather Package”、Z、G“Leather Package”、Gに標準装備】

f:id:beppinoyaji:20200413214706j:plain

パイピングオーナメント+金属留め具加飾 パイピングオーナメント+金属留め具加飾 インストルメントパネルやドアトリムにはさりげないセンスが光るパイピングオーナメントを採用。さらに、末端部分には金属留め具加飾をあしらいました。 【Z“Leather Package”、Z、G“Leather Package”、Gに標準装備】

 

CRUISING

f:id:beppinoyaji:20200413214745j:plain

走る歓びと上質な 「乗り味」を求めて 新しくなったパワーユニット、ハイブリッドシステム。 進化した E-Four。“感性に訴える走り”がここにあります。

 

DETAILS

実現したのは、高速走行でも会話のしやすい静かさ。 走りの質を高めるボディの高剛性化と軽量化に加え、静粛性への配慮も徹底。走ってすぐ「静けさのあるプライベート空間」とわかること、「高速走行での会話のしやすさ」などを高水準に実現するため、防音材・吸音材の最適配置をはじめとする対応をすみずみまで施しました。

 

HYBRIDハイブリッド

2WD ダイレクト感のある走りと 優れた燃費性能との両立。 2.5Lハイブリッドシステム 2.5Lダイナミックフォースエンジンとハイブリッドトランスアクスルの組み合わせで、アクセルを踏んだ瞬間にわかる、動力性能・ダイレクト感、さらには燃費向上も実現。小型軽量化、低損失化を追求した新システムを採用しました。

 

E-Four より緻密な制御で燃費向上と高い操縦安定性を実現。 E-Four 前輪をエンジンとフロントモーターで、後輪をリヤモーターで駆動するE-Four。高減速比と前後輪トルク配分を100:0〜20:80へと高め、緻密に制御。これにより発進加速性、操縦安定性の向上、優れた燃費性能の実現に貢献します。

 

GASOLINEガソリン

2WD スムーズでダイレクトな加速感を 生み出す、 2.0Lダイナミックフォース エンジン+CVT ガソリン車には高い動力性能と低燃費を実現する直列4気筒2.0L直噴エンジンを採用。発進ギヤを追加した無段変速機「Direct Shift-CVT」と相まって、力強くダイレクトな走りとともに、素早い変速によるスポーティ走行も可能となりました。

 

4WD 雨の日や雪道もドライな路面でも安心・安定の走行を。 ダイナミックトルクコントロール4WD 前輪駆動と4輪駆動を自動的に電子制御する4WDシステム。前後輪のトルク配分を走行状態に合わせて100:0~50:50の間できめ細かくコントロール。フルタイム4WD同等の走破性を確保しつつ、操縦安定性・低燃費の実現に寄与します。

 

UTILITY

f:id:beppinoyaji:20200413215036j:plain

操作しやすい運転環境と おもてなし空間 ワイドなセンターディスプレイ、トヨタ初の「調光パノラマルーフ」。 多彩な先進装備が乗員を迎えます。

 

DETAILS

f:id:beppinoyaji:20200413215145j:plain

3インチ高精細TFTワイドタッチセンターディスプレイ&静電式ヒーターコントロールパネル 12.3インチ高精細TFTワイドタッチセンターディスプレイ& 静電式ヒーターコントロールパネル センターディスプレイには、ワイドな12.3インチタイプを設定。 インストルメントパネルの前に浮かび上がるように設置され、 新型ハリアー室内の先進感をアピールします。 エアコンとオーディオをタッチ操作できる 静電式ヒーターコントロールパネルも採用。 【Z“Leather Package”、Zに標準装備。G“Leather Package”、Gにメーカーオプション】 

f:id:beppinoyaji:20200413215228j:plain

調光パノラマルーフ 調光パノラマルーフ 電動シェードの開け閉めに加え、調光機能によりシェードが開いている状態での調光・透過を瞬時にタイムラグ無しに切り替えられるパノラマルーフ。 【Z“Leather Package”、Zにメーカーオプション】

 

SAFETY

先進テクノロジーが支える安心・快適 最新の予防安全パッケージを全車に標準装備。

安心・快適をサポートする先進技術を惜しみなく 投入しました。

 

DETAILS

予防安全パッケージ 「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。 衝突の回避や被害軽減のサポート。さまざまなシーンでのリスクに応えるための性能や機能を備えるトヨタの先進安全技術を全グレードに備えました。

〈付帯機能〉

先行車発進告知機能 ぶつからないをサポート プリクラッシュセーフティ (歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

高速道路のクルージングをサポート レーントレーシングアシスト

ついていくをサポート レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)

夜間の見やすさをサポート アダプティブハイビームシステム 【Z“Leather Package”、Z 、G“Leather Package”、Gに標準装備】

オートマチックハイビーム【Sに標準装備】

標識の見逃し防止をサポート ロードサインアシスト

その他にも先進安全技術を幅広くラインアップ インテリジェントクリアランスソナー [パーキングサポートブレーキ(静止物)] 万一のアクセル踏み間違い・踏み過ぎなどによる障害物との衝突を緩和し、被害の軽減に寄与。 【全車に標準装備】

ブラインドスポットモニター ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアの車両や急接近する車両を検知し、インジケーターで表示。 【Z“Leather Package”、Zに標準装備。G“Leather Package”、G、Sにリヤクロストラフィックオートブレーキとセットでメーカーオプション】

リヤクロストラフィックオートブレーキ [パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)] 駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両を検知し、衝突の恐れがあった場合、警告とブレーキ制御で被害軽減を支援。 【Z“Leather Package”、Zに標準装備。G“Leather Package”、G、Sにブラインドスポットモニターとセットでメーカーオプション】

f:id:beppinoyaji:20200413220104j:plain

デジタルインナーミラー(前後方録画機能付) 車両後方カメラの映像をインナーミラー内に表示。切り替え操作でヘッドレストや荷物などで視界をさえぎられずに後方確認できる先進のインナーミラー。走行中の前後方映像をインナーミラー装着のSDカードに録画できる機能が加わりました。 【Z“Leather Package”、Z 、G“Leather Package”、Gに標準装備。Sにメーカーオプション】

 

CONNECTED

車両標準で「DCM(専用通信機)」 「ディスプレイ画面(モニター)」と「オーディオ機能」を設定。 ナビも充実。

 

DETAILS

8インチディスプレイオーディオ+6スピーカー 視線移動が少ないインストルメントパネル中央上部に、シンプルで美しいディスプレイオーディオを標準装備。 【G“Leather Package”、G、Sに標準装備】

 

12.3インチT-Connect SD ナビゲーションシステム+JBLプレミアム サウンドシステム(9スピーカー) 高精細12.3インチTFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載。トヨタマルチオペレーションタッチの採用によって、直感的で優れた操作性も実現しています。 【Z“Leather Package”、Zに標準装備。G“Leather Package”、Gにメーカーオプション】

 

新型ハリアーから、 スマホ連携「Apple CarPlay/Android AutoTM」が標準機能に 対応するスマホアプリが車両ディスプレイ上で操作が可能です。

「リモートスタート(アプリ)」を新設定 MyTOYOTAアプリからエンジンスタート・エアコン起動が可能になる新しいオプションサービス。

 

GRADE

ハイブリッド車・ガソリン車とも「Z」「G」「S」の3グレードのラインアップ。

「Z」、「G」には本革シートなどを搭載した「“Leather Package”」を設定しました。

 

【新型】日産 エクストレイルがデザイン特許出願

f:id:beppinoyaji:20200405110916p:plain

2020年後半に発表される予定の次世代日産エクストレイルは、ブラジルでデザインの特許が出願されました。

画像は詳細に欠けていますが、日産がモデル全体のデザインを統一しようとしているため、最近発表されたジュークから強いスタイリングの影響を受けることは明らかです。

主な変更点はフロントにあり、日産は現在の車の丸みを帯びたノーズを四角にしています。

f:id:beppinoyaji:20200405110946p:plain

後部の変化は少なく見えます。現在のエクストレイルのブートリッドを穏やかに再構成したバージョン、形状を変更したスポイラー、新しい「ダブルバブル」ルーフデザインがありますが、全体的なシルエットは非常によく似ています。

f:id:beppinoyaji:20200405111017p:plain

f:id:beppinoyaji:20200405111034p:plain

f:id:beppinoyaji:20200405111049p:plain

エクストレイルの新しい米国市場向けバージョンである日産 ローグのプロトタイプは、昨年後半にテスト車両が発見され、より目立つグリルと大きなホイールアーチを備えた第4世代のエクストレイルのデザインをほのめかしました。

f:id:beppinoyaji:20200405111131p:plain

内部では、新しいローグは現行モデルよりも多くのテクノロジーを備えています。初めてデジタル化されています。その他の追加機能には、更新されたインフォテインメントシステム、Sat-nav機能を備えた大型タッチスクリーンディスプレイ、および黒とクロムのセットインギアスティックが含まれます。これらは、新しいエクストレイルにも引き継がれる予定です。

エクストレイルはガソリンとディーゼルの両方のパワートレインを維持し、ハイブリッドを提供する可能性があります。日産は厳しいCO2規制に沿って2022年までに年間100万台の電動車両を販売するという目標に向かっています。ハイブリッドローグはすでに米国で購入可能です。

大型SUVはもともと日産のサンダーランド工場で製造される予定でしたが、2019年に日産はディーゼル販売の低迷とイギリスのEU離脱を2つの重要な要因として計画をキャンセルしました。

 

参考記事

【新型】次期ロールスロイス ゴースト 標準&ロングホイールベース スパイショット

f:id:beppinoyaji:20200331140610j:plain

新しいロールスロイス ゴーストは現在、デビューを目指して準備中です。

冬の条件でのテストのプロトタイプをいくつか見てきましたが、今回のテスト車両はBMWミュンヘン本社に戻っているようです。

彼らがドイツへの最終評価に戻る前に、私たちは通常のゴーストとロングホイールベースモデルの両方のプロトタイプをスパイすることに成功しました。

 

独自に開発したプラットフォームに切り替え、新しいゴーストは多くのコンポーネントを新しいファントムおよびカリナンと共有します。アルミニウムが多く使われています。

f:id:beppinoyaji:20200331140631j:plain

全体的に、現行モデルと非常によく似ていますが、新しいゴーストは、主に新しい形状のヘッドライトとテールライトのおかげで、ややスポーティーな外観になります。

スパイされたプロトタイプはプロダクションライトユニットを着用していますが、カモフラージュテープが原因で正確なデザインと内部グラフィックを見ることができません。

 

ロングホイールベースモデルに関しては、ロールスロイスはそれをExtended Wheelbaseを略してEWBと呼んでいます。

ゴーストEWBは、通常のゴーストより約6.7インチ(17cm)長くなり、後部座席の乗客のスペースが広くなります。

 

寸法に関係なく、新しいゴーストはおそらくロールスロイスV型12気筒6.75Lツインターボエンジンを搭載しており、570馬力(425kw)と664lb・ft(900 N・m)のトルクを発揮します。パワートレインは、ZF製の8速ATと連動しており、4輪すべてに動力を伝達する(四輪駆動)ことが期待されています。

f:id:beppinoyaji:20200331140659j:plain

ロールスロイスは、オプションの後輪ステアリング、48ボルトのアクティブアンチロールシステムなど、多くの技術革新にも取り組んでいます。

新しいゴーストのプラグインハイブリッドとオールエレクトリックバリアントも視野に入れることができます。

 

参考記事