べっぴんオヤジ

クルマ関連のことを発信しています。

【新型】次期メルセデス・ベンツ AMG GLE 63 S フルモデルチェンジ情報

スポンサーリンク

こんにちは。べっぴんオヤジと申します。

 

今回は2020年に発売が予定されている、2021年モデル新型メルセデス・ベンツ AMG GLE 63 Sを紹介します。

 

f:id:beppinoyaji:20200219131039p:image

メルセデスAMGは、2019年ロサンゼルスオートショーで GLE 63 SをメルセデスAMG GLS 63とともに発表しました。

 

どちらのSUVも、V型8気筒エンジンを搭載しています。 AMGの 2つの最新高性能SUVは両方とも63という名前から分かる通り、同じエンジンを搭載しています。

ネームプレートは6.3リットルのエンジンを示すものではなくなりましたが、エンジンは、603馬力と627lb·ftのトルクを発揮するV型8気筒4.0Lツインターボです。また、21馬力と184lb·ftの48Vのマイルドハイブリッド(スタータージェネレーター)が組み合わされます。

4Matic四輪駆動と9速オートマチックトランスミッションが標準装備され、 GLEは0~60mph(0~97km/h)3.7秒、GLSは0~60mph(0~97km/h)4.2秒の加速力があります。

 

f:id:beppinoyaji:20200219131230j:plain

アダプティブエアサスペンションは、道路の振動などを除去します。また、75mph(120km/h)を超えるか、ドライバーがAMGが設計した3つのドライブモードのいずれかを選択すると、システムは車高を自動的に0.4インチ(1cm)下げます。これにより、抵抗を減らすことで燃費が向上し、重心を下げることでハンドリングが向上します。

TrailとSandという2つの運転モードでは、それぞれサスペンションを約2インチ(5cm)上げて、岩やわだちがオイルパンに接触しないようにします。

 

48Vシステムは、AMGのアクティブライドコントロールテクノロジーにも電力を供給します。このテクノロジーは、凹凸のある道路を走行するときに車体をコントロールしやすい最適な状態を維持します。また、パワーステアリングとブレーキも制御されます。

 

モデルチェンジによる外装の変化は少ないですが、スポーツモデルに匹敵するパフォーマンスを発揮します

63 Sは、 エクステリアAMGのパナメリカーナグリル、新しいデザインのバンパー、サイドスカート、21インチ合金ホイールを追加したフルボディキットで、通常のGLEとは大きく異なっています。

インテリアは、助手席のスポーツシートに加え、デジタルインストルメントクラスターおよびタッチスクリーンベースのMBUXインフォテインメントシステムにモデル専用のグラフィックが提供されます。

 

2021年モデルのメルセデスAMG GLE 63 Sは、2020年半ばに発売が予定されています。