べっぴんオヤジ

クルマ関連のことを発信しています。

【新型】次期GM シボレー タホ モデルチェンジ情報

スポンサーリンク

こんにちは。べっぴんオヤジと申します。

 

今回は日本では販売されていないアメリカ車GMのシボレー タホの最新モデルを紹介します。

シボレー タホとは?

シボレー・タホ (TAHOE)は、GMが製造、シボレーブランドで販売している自動車です。

1990年代初めGMは、シボレーで「ブレイザー」、GMCで「ジミー」の名で、2つの異なるブランド名のSUVを販売していました。両車は兄弟車であり、基本コンポーネントは共通でした。1992年にフルサイズ版のブレイザー/ジミーとしてそれぞれシボレー・タホ、GMC・ユーコンを発売しました。

日本では、1992年にヤナセがタホをブレイザーとして発売しましたが、1994年に小型のS-10ブレイザーを4ドアのシボレー・ブレイザーとして発表(その際も兄弟車はGMC・ジミーであるが日本には正規輸入されていない)するのを待って、このフルサイズのブレイザーをシボレー・タホスポーツとして発売しました。

本国では両車とも95年より5ドアモデルが追加されましたが、日本には正規輸入されていないです。シボレー・タホとGMC・ユーコンは、現在もフルサイズSUVとして現行モデルが販売されています。ホイールベースが長い原型モデルとして、シボレーからは、サバーバン、GMCからはユーコンXLが販売されています。

引用:Wikipedia

 

新型モデル

f:id:beppinoyaji:20200214000617p:plain

シボレー タホ

ショートホイールベースのV8エンジンを搭載したモデルを、この春に生産開始します。ホイールベースの長いモデルの製造もまもなく開始され、ディーゼル搭載モデルの製造は秋に開始されます。 

 

タホとシボレー サバーバンは、GMのT1トラックプラットフォームを採用しており、最新のキャデラックエスカレードとGMCユーコンも共通プラットフォームです。

 

タホは、3列目に座っている人の足元スペースを確保する為に、マルチリンク独立リアサスペンションを採用しています。

 

従来の、V型8気筒5.3Lと6.2Lを主軸に、V型6気筒3.0Lディーゼルターボが新たに追加されました。

 

価格は、50,295USドル~63,895USドルです。